不動産売却にかかる税金って?

不動産を売却するときに税金がかかるってホント?どれくらいかかるの? - 不動産売却の税金に関する特例はたくさんある

アーカイブ

不動産売却の税金に関する特例はたくさんある

不動産売却での税金に関しては、様々な特例があります。
特に有名なのは、持ち家を譲渡した際の特別控除の3000万円や、損失時の給与所得への計上でしょうが、それ以外にもたくさんの特例があるのです。

長期譲渡による特例

売却する不動産の所有期間が5年を超えている場合は、長期譲渡所得となり税率が軽減されるのです。
短期と長期では、税率にかなり大きな差が生じ、時期によっては倍ぐらいの税率になることから、この特例はかなり大きいと言えます。

持ち家以外の特別控除につい

持ち家を売却する際に、3000万円の特別控除が受けられることはとても有名です。
ただ、それ以外にも特別控除の対象となるケースは多々あります。
公共事業による土地建物であれば5000万円、特定地区の整理事業により売却した場合には2000万円、農地の譲渡であれば800万円の特別控除を受けることができるのです。

相続した不動産を売却する際の特例

相続した不動産に関しても、一定の条件を満たせば売却時に3000万円の控除を受けることができます。
条件としては、昭和56年の5月31日以前に建築された建物であり、相続が開始されるまで同居人がいなかったことが条件となります。
また、適用となるのは相続開始から3年間となり、譲渡価格が1億円以下であることも条件となります。

特例に関しては事前に確認した上で申告を忘れない

上記のような特例は、不動産を売却する前にしっかりと確認しておくのはもちろんですが、確定申告の際にも必ず記入して申告を忘れないようにしないといけません。
譲渡して申告が終わってから、特例に気づいても手遅れとなってしまいますから、必ず専門家にも相談してチェックを怠らないようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »