不動産売却にかかる税金って?

不動産を売却するときに税金がかかるってホント?どれくらいかかるの? - 不動産売却における利益の計算

アーカイブ

不動産売却における利益の計算

不動産を売却してもし利益を得たのであれば、金額に対して税金を納める義務が生じます。
では、その利益に関してはどのようにして計算するのでしょうか。

譲渡価格から費用を差し引く

商店などが利益を計算する際には、売上から仕入れなどに要した費用を差し引くことになります。
不動産売却においても、譲渡した価格から費用を差し引いた金額が利益となるのです。
したがって、まずはこの基本を覚えておくようにしましょう。

差し引く費用について

さて、差し引く費用についてですが、こちらは取得費と譲渡費用となります。
取得費に関しては不動産を取得した際に要した費用で、譲渡費用に関しては不動産を売却した時に要した費用となります。
取得費は、主に購入代金や登記費用、あとは購入時に支払った税金などが該当します。
売却費用は、不動産会社へ支払う仲介手数料や、あるいは印紙税などが該当します。
なお、取得費については減価償却した金額となるため、購入時の金額でないことに注意しましょう。

かなり細かい出費も経費にできる

上記の費用は、あくまでもメインとなる出費になるわけですから、それ以外でもいろんな面で出費はあると思います。
それらも、実は経費として計上することが可能なケースが多いので、それらも必ず費用として計算するようにしましょう。
ただ、どこまでが経費の範囲となるのか、よっぽど税金に詳しい人でない限り、自分で判断するのは難しいと思います。
なので、細かい部分に関しては税理士などの専門家に依頼するようにして、可能な限り費用として差し引くようにしましょう。

最終的に利益が出た場合

最終的に、利益が出ることが分かった場合には、確定申告をした上で課税対象となるのであれば、所定の金額を納める必要があります。
もっとも、持ち家なら3000万円の特別控除を受けられることから、利益が出ても必ず税金を払わなければいけないわけではありません。

関連する記事