不動産売却にかかる税金って?

不動産を売却するときに税金がかかるってホント?どれくらいかかるの? - 不動産を売却して損失が出た場合

アーカイブ

不動産を売却して損失が出た場合

不動産を売却して各種費用を差し引いた場合、必ずしも利益が出るわけではありません。
むしろ、損失となる可能性もあるため、その場合は2つの特例を受けることができるのです。

不動産を売却して新しく住宅を購入しなかった場合

不動産を売却し損失が出て、なおかつ新しい住宅を購入しなかった場合には、一定の条件を満たせば他の所得から差し引くことができます。
土地と建物の保有期間が5年を超えており、買い主との関係が親子など特別でないことを条件とします。
また、損失額が年間の所得額を上回っていた場合には、翌年以降の3年間繰り越すことが可能となります。

不動産を売却して新しく住宅を購入する場合

一方で、不動産を売却して新しく住宅を購入した場合には、損失が出ればその年の他の所得と通算することが可能となります。
そして、もしそれでもまだ損失額が上回っている場合には、翌年以降の3年間繰り越すことができます。
なお、いずれもケースも過去3年間に同じ特例を受けている場合には、適用対象外となってしまいます。

あくまで純粋な損失額が対象となる

上記の不動産売却による損失は、あくまでも純粋な損失額が対象となります。
例えば、利益が2000万円で特別控除の3000万円を差し引くことで、損失が1000万円になるというわけではありません。
控除はあくまでも税金負担を少なくするために存在するものなので、利益自体を少なくするものではないのです。

利益が出る場合と損失となる場合のどちらが多いのか

不動産を売却して、利益が出る場合と損失となる場合、一体どちらの方が多いのでしょうか。
もちろん建物の状態や立地条件にもよりますが、多くの人は損失になるケースの方が多いと思われます。
したがって、少しでも損失時のメリットを受けるためにも、上記の特例を活用するようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »