不動産売却にかかる税金って?

不動産を売却するときに税金がかかるってホント?どれくらいかかるの? - 実際は税金を払わなくていい人が多い

アーカイブ

実際は税金を払わなくていい人が多い

不動産売却において、税金は大きな悩みの種になるかもしれません。
ただ、実際は税金を払わなくていい人が多いですし、確定申告をすることで大多数の人が課税対象外になると思います。

利益が全く出ないケースも多い

不動産を売却したとしても、取得した費用と売却時に発生した費用を差し引くと、利益が全く出ないというケースも多いのです。
利益が出なければ、当然ですが税金を支払う必要はありませんし、確定申告をする義務もありません。
むしろ、損失となれば給与所得の税金を安くすることができるので、そちらに活用する人もいます。

特別控除の3000万円が大きい

また、もし利益が出たとしても、持ち家であれば3000万円の特別控除を受けることができるので、これが非常に大きいと言えます。
一等地に住んでいる人でもない限り、不動産売却で3000万円以上の利益が出るケースは少ないでしょうから、特別控除を活用すれば課税対象外となるわけです。
ただし、こちらは確定申告が必要となるので、必ず申告を忘れないようにしましょう。

経費は漏れなく計上するようにする

税金の支払いを最小限に抑えるためには、経費は漏れなく計上するようにしましょう。
不動産会社への仲介手数料などはもちろん、査定時に要したちょっとした費用なども、必ず全て組み込むようにしてください。
少し金額が違うだけで、支払う税金額がかなり違ってくる可能性もあるのです。

大まかな数値を事前に計算しておく

経費や取得費などの正確な数値に関しては、税理士に依頼をして計算してもらうことになるでしょう。
ただ、事前に大まかな数値を計算しておくことで、税金の支払いが必要かどうかが分かると思うので、自分でもある程度把握しておくようにしましょう。

関連する記事